Loading...
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:モバとも の記事リスト(エントリー順)

【訴状架空請求】債権委託収納センター 末原 afmvch9vq@i.softbank.jp 特商法違反のモバとも(mobafriends.com) 山田雄一郎弁護士 原告 鈴木武

kage

2015/04/09 (Thu)

※管理人からのお知らせ
始めに、なれないのですが今更ツイッター始めて見ました^^
馬鹿発見器としてでなく、馬鹿な輩を拡散していこうと思います。
迷惑・詐欺・架空請求メール注意報
@meiwakuspam



さて、毎日削除してもきりが無いスパム。
迷惑メール自体が大問題なのですが、
その中でも、悪質度合いが異なります。

下記のメールは、悪質度がもの凄く高いです。

訴状送達なんて言う脅しでクリックさせて、
クリックした人の罪悪感を増幅させて金を
金を払わせるという手口です。

仮に、訴訟を起こされたとしても、訴状が裁判所から、
自分の自宅へ到着していないなら、狼狽する必要はありません。
(昔、少額訴訟という制度を使う詐欺も横行しました。)



配信元メールafmvch9vq@i.softbank.jp

訴状送達のお知らせ
本案件は貴殿が本訴状を受け取った時点より係属中となるものとする。

■支払督促申立事件
第1 請求の趣旨
1 被告は原告に対し、登録時より現在までにおける滞納金及び遅延損害金の金35万円を支払え。
2 訴訟費用は被告の負担とする
3 仮執行宣言

第2 請求の原因
1 被告との取引
被告は登録時より弊社webコンテンツサービスの月額料金を滞納し、現在も未払いの状態である。また再三の料金請求に対し支払い意思なく誠意ある対応が一切なかった。

※以下詳細に関しましては、プライバシー保護の為下記よりログインしご確認の上、早急にご対応ください。
http://nzbxncbvzne.biz/******************************

◆送信専用の為、返信不可

◆債権委託収納センター
総合窓口:末 原



どこの誰に、その大切な訴状を送達したのか名前すら書いてありません。
しかも、35万円支払えって^^

冷静に見れば、何てことは無いですが、
狼狽してしまった場合は、ついクリック、タップをして
しまう人もいるでしょう。

メールのアドレスにアクセスすると、訴状と思われるページに飛びます。
それが下記になります。非常に悪質で手段を選ばない輩であることがわかります。

平成27年*月*日


訴訟物の価格 35万円
ちょう用印紙額 3万1,600円

1.被告は原告に対し、登録時より現在までにおける滞納金及び遅延損害金の金35万円を支払え。
2.訴訟費用は被告の負担とする
3.仮執行宣言


1.被告との取引
被告は登録時より弊社webコンテンツサービスの月額料金を滞納し、現在も未払いの状態である。また再三の料金請求に対し支払い意思なく誠意ある対応が一切なかった。
2.結論
よって、原告は被告に対し、支払督促申立に基づき金35万円を要求する。また、支払いに応じなかった場合、被告の財産差し押さえ執行を要求する。

1.甲第1号証 取引履歴照合表(被告作成)

1.訴状副本       1通
2.甲号証写      各1通
3.資格証明書      1通
以上
原 告鈴木武印suzuki.png


原告訴訟代理人弁護士山田雄一郎印yamada.png
※退会を希望される方、登録した覚えのないという方
貴方様の登録経緯は弊社には分かりかねますが、お客様が利用されたサイトなどの中に利用規約により弊社サイトを同時利用出来る主旨の記述があったにも関わらず確認不足により同意し登録されたケースは一般的にも多く、貴方様も同様の事例に該当する可能性がございます。
ただ、そういった場合も例外なくまた広告主様のコンプライアンス如何に関わらず、過失であったとしても規約上登録が認められ法的に正当な請求である以上、貴方様のお支払い義務を取り消す事は出来ません。
また、過去の事例からも電子消費者契約法適用内の正当なご請求として認められており、無視されても貴方様にとって不利益にしかなりませんので必ずご対応くださいませ。


なんだか、印鑑まで付いてあって本物の訴状かも。
何て思う人は大変危険です。

そもそも、訴えられたのであれば、原告と被告がいるわけですよね。
別に法律の知識が無くても、被告の住所と氏名、原告の住所と氏名ぐらい
記載が無いと、どこの誰なのだか全くわかりません。

不特定多数にこの詐欺訴状を閲覧させて脅し、
不安にさせる材料だと言うことが容易に理解できます。

当然ですが、日本弁護士連合会で検索しても山田雄一郎弁護士は
ヒットしません。

特商法に基づく記載もありません。
仮にアクセスしてしまうと、こういう問答無用系の輩は、
脅しメールを何回も、最終通告だとかで送ってきます。

何回送ってきても、払う必要も無いですので決して
こちらの情報を教えることが無いように注意しましょう。

鬼島の出会い系クチコミの鬼様のサイトにもいくつか投稿がありました。