Loading...
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:株式会社みんなのクレジット の記事リスト(エントリー順)

【白石伸生劇場】そろそろフィナーレ?調停決戦は2017年9月20日!自分が立ち上げたみんなのクレジットと97%の投資先ブルーウォールジャパンを調停で争わせるアホ。

kage

2017/08/30 (Wed)

平素は「みんなのクレジット」をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

弊社は、弊社融資先(甲0001、0002、0003)における債務不履行(7月償還分)の発生を受け、平成29年8月5日に弊社融資先及び融資にかかる連帯保証人に対し金銭消費貸借契約上の期限の利益喪失事由発生に係る通知を送付するとの法的措置を開始いたし、また、弊社融資先からは、分割返済を軸とした調停の成立を求める旨の調停申立書が、8月24日に裁判所を通じて送付されました。
この調停申立にかかる裁判所による第一回目の調停は同年9月20日に決定いたしました事をお知らせいたします。

ご投資家に皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、よろしくお願いいたします。


白石伸生 詐欺師

なんだなんだこの茶番は^^
白石伸生氏といえば、いままで計画倒産と言われても仕方がない
ような経営を続けてきている代名詞のようなものです。

みんなのクレジットという会社はソーシャルレンディングとして
会社を立ち上げ1年足らずで約40億円という金額を投資家から集めました。

しかし、2017年3月末に金融庁から業務停止命令をくらい、
引責辞任?逃げ?という形で2017年4月に白石伸生氏は
代表の座を変更したというのが簡単な経緯です。

結局何が悪いかと簡単に言えば、
白石伸生氏が立ち上げたみんなのクレジットで集めた金の
投資先は白石伸生氏が代表となっているブルーウォールジャパン
という不動産取引がメインの会社へ97%以上も融資されていたのです。
さらに自分の個人口座へ資金を流用したり、集めたお金から、
投資家への分配金を支払うなど詐欺といわれてもしかたがない
ことをやりまっくいたわけです。

主演男優賞にノミネートされてもおかしくありませんね。


2017年4月~6月までは、遅らせながらも投資家への償還と分配金は
支払っていましたが、7月にはついに償還延滞です。

ブルーウォールジャパンからすると、みんなのクレジットの投資家23人が
弁護士を通して2017年7月27日にブルーウォールジャパンの預金口座を
仮差押えしたことで取引先との信用が悪化しみんなのクレジットへの返済が
できなくなったという話。


ブルーウォールジャパン白石伸生社長)がみんなのクレジット(白石伸生が立ち上げた財布会社)についてHPで弁解^^
ブルーウォールジャパン 謝罪? 白石

㈱みんなのクレジット投資家の皆様へ

2017年08月25日

幣社は、㈱みんなのクレジット(以下、M社と言います)より、H28/5月~H029/3月まで、住宅建築用資金として融資を受けて参りましたが、M社の行政処分により、融資の借換が速やかにいかなくなり、やむを得ず保有不動産の売却、他社からの借換により、M社向けの融資返済を行うことと致しました。
これは、ソーシャルレンディング事業の将来性を信じて投資して頂いた投資家様に裏切る行為があってはいけない、という観点からファンド融資金の返済は速やかに実行していこう、という意志の下、H29/3月以降は返済だけを着実に行って参りました。

しかしながら、H29/7月27日にM社の投資家の一部23名が、M社を飛び越えて幣社に法的手段に出て来られたことから、増資や通常の不動産売買の決済に著しい支障が生じたため、今後M社向け弁済は法的な管理下で行った方が、投資家にとっても、幣社にとっても安定的に弁済が可能である、という判断の下、裁判所を通じた和解を前提に、弁済計画の見直しを協議することと致しました。
これは、きちんと全額弁済が可能である、という前提の下、裁判所の管理下で安定弁済をしていくためのものです。
従いまして、かかる和解手続が完了予定の9月下旬までは、7月分、8月分と金利以外の弁済を一時的に停止致しますが、順調であれば9月分より元本の返済も再開できる予定ですので、ご安心頂きますようお願い申し上げます。

なお、幣社はM社の23名の投資家に対しまして、不当な手続きにより業務を妨害されたことに対して、民事・刑事両面にて徹底的に法的な追及をさせて頂くことをこの場にてお伝えさせて頂きます。

2017/08/25
ブルーウォールジャパン
代表取締役 白石 伸生


→リンク切れはこちら

なんだこの挑戦的な果たし状みたいな文面は^^


もとは白石伸生氏が資金を悪用したことが業務停止命令をうける根源です。
誠意があるなら投資家へきっちり全額返済する旨を書けば良いものを
順調だったら返すって^^

まさに詐欺の極み


しまいに2017年9月20日、自分の会社だったみんなのクレジットと現在代表の
ブルーウォールジャパンで和解の調停を裁判所で行うそうです。

なかなか最近では類を見ない広大なスケールですね。
人をだまして金をせしめようとする人種の人たちは、
このぐらいのアゲンストは気にしていないのでしょう。

1度詐欺をした人間は根本的には変わらないと言うことがわかります。
そろそろ倒産というフィナーレの時期も間近と行ったところでしょうか。

だまされた人は特殊詐欺よりもなっとくがいかないでしょうね。

図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?


2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」