FC2ブログ
Loading...
2009 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2009 07

ひまステーション⇒株式会社ギブニーズホールディングスの連携プレー。

kage

2009/06/27 (Sat)

携帯電話に来た見に覚えのない迷惑メールの検証。

メール送信者:magazine@himabbs.com
↓調べた結果。
メール送信者情報
ドメイン:himabbs.com
サイト名:SNSひまステーション
運営者:有限会社コネクト
住所 :東京都新宿区大久保2丁目
ヘルプ:himahelp@himabbs.com

メール文章内容に行く以前に、気になる点。
○商取法の表示が不十分すぎる。
○ひまステ会員はこういうメルマガが
来ることを利用規約で承諾しているらしい。


ていうか、ひまステーションの会員でないんですけど・・・^^

そして、メールの実体は

パチンコ・パチスロのサクラ募集。

詐欺会社は詐欺をしているだけに、表面は
凄くクリーンなイメージを保とうと努力してます。
その皮を矛盾を見つけてめくって行けば、実体がわかります。

そんなことを意識して、下記の会社を調べてみましょう。

【会社概要】
会社名株式会社ギブニーズホールディングス
代表取締役社長山岸 成安
監査役 江藤 和史 ・ 矢野 冨美子 ・ 東 脩平
資本金350,000,000円(2008年3月現在)
設立 1998年(平成11年)4月
本社〒160-0022 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿ビル10
電話番号03-3786-4309
FAX番号03-3786-4310
従業員数社員数86名(嘱託社員は含まず)
派遣雇用者数 8453名(2008年3月末現在)
ドメイン名giveneeds.com
サイトURLhttp://giveneeds.net/


会社概要やHPを見ると従業員86人資本金3億5千万円と随分大きく
立派な会社ですね。サクラを8400人も雇っているのかな?

詮索するのに一番良いのは、この会社の商業登記簿謄本を取ること。
HP上に記載してある情報と謄本の矛盾点が良く見つかります。
ただ、1件あたり法務局で500円、ネット上で480円かかります。
費用をかけてまで調べる必要がない人からすると一般的ではないです。
インターネット登記情報サービス

謄本を取れない場合は、まず記載住所を調べてみましょう。
ここが適当な場所なら、明らかにクロです。
HP記載住所:東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿ビル10
新宿
↑地図を検索すると、藤和新宿ビルでなく、藤和新宿コープであることがわかります。

この住所で検索してみると気になるものを発見できます。

【警視庁が公開している詐欺注意勧告住所】

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1006pdfファイルから引用)

お~。ここがこの会社かどうかわかりませんが、この建物
自体あまりろくなことに使われていないみたいですね。

次は、この藤和新宿コープの不動産情報を検索しましょう。

HP表記は藤和新宿ビル10と書いてありますから、
10階と推測して、情報を見てみると、

藤和新宿コープ不動産情報へ

住居専有面積:26.45? (8.00坪)間取り:1R




www
 



・・・1Rですか^^



従業員86人じゃ部屋の中キツキツですね。




いなばの物置なら100人乗れますけど^^



仮に、推測が外れて他の階でも同じこと。
支店があるとすれば表示すべきだし、
本社が1Rって個人で商売してるならわかるけど、
常識的に考えられないですよね。

このビル自体元々住居用に建てられたけど、
実際は、殆んどレンタルオフィスで使われて
いるのでしょう。



怖いですね~。『ホールディングス』なんて名前を
会社商号にくっつけると

凄く信頼性の高い会社に見えてしまいます。

たったこれだけの検索で、この会社の化けの皮が剥がれかけてます^^

別に彼らは架空請求業者ではありませんが、
合法を盾にとんでもない情報を売りつける詐欺業者です。

他にもパチンコ・スロット攻略、競馬予想、株予想
など、情報を主体とする商売があります。

法律上、こういった情報を売って対価をもらう商売
はまだ規制がありません。

こういったところにメスが入り法改正があれば、
こういった商売はもちろん、ネット上の情報商材関係にも
大幅な規制がかかってくることになるでしょう。

こういった会社とのトラブルで未だに何件もの
裁判が行われているのも事実です。

裁判になると、時間、お金、必ず勝訴できるかわからない
不安からくる精神的疲労など、予想以上の労力を使うことになります。

そんなことにならないためにも、日ごろからポイントを絞ってチェック
することを忘れないようにしましょう!

次回は、私が実際に謄本を取ってみるので照合してみましょう。

悪徳詐欺業者プレミアムクラブその2(ユビキタス銀河系列)

kage

2009/06/27 (Sat)

プレミアムクラブのその後。⇒会社概要・振込先はこちら

以前にプレムアムクラブの記事を書きましたが、続編です。

インフォーメーションに矛盾点を質問して無回答のまま
配信はピタリとなくなりました。

しかし、それは一時的でした^^

その後はワッショイワッショイお祭り状態です。

流石、ユビキタス銀河系ですね。

悪質極まりない。

大体の出会い系やSNS架空請求詐欺は、ポイントを消費させて
自動的に後払いにして、不当請求をする
のがメジャーですが、

プレミアムクラブのやり口は逆です^^

ポイントをドンドン与えて来ます^^

初め100ポイント(=1,000円相当)で、詐欺がスタートしますが、

何やかんや、親切なオバサンやお姉さんが寄付をしてくれたらしく

いつの間にか999,999,999ポイントで上限になったらしいです

・・・切り上げ10億ポイントってまじですか~!!!!

『これは、遊びたい放題だ!パラダイス!』

なんて、思う人はいないと思いますけど^^
中には浮かれてしまう人がいるのも事実です。

その上限になってしまったポイントに追い討ちをかけるように
寄付とやらが来ますが、ポイント上限のため受け取れないらしい。

受け取るためには、どうするか?

『正会員になる必要があります。』(キターーーーーーーーー!)

《正会員へのお手続き》~サイトから引用~
【5千円】のポイント購入後、合言葉の【1550万円全て受取り】
をお問い合わせ(サポート)までお送り下さい。


って結局そこに戻るんかいっ!

冷静に読んでいると、こんな馬鹿なことに引っかかる
奴いるのかよ!と思いますが、いるんですよ。

よく言うじゃないですか、

『私は大丈夫!詐欺には引っかからないよ』

と思っている人が以外にも危ないことを^^
自分を過信しすぎているのです
過信しすぎて情報収集を怠りがちになってしまいます

詐欺は巧妙に手段を変えて、迫ってくるので
アンテナだけは錆付かせないようにしておきましょうね(o^▽^o)ノ