FC2ブログ
Loading...
2012 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 11

KTリサーチ㈱の梶山 秀人 03-6386-9569から架空請求メール kt○○○○@docomo.ne.jp

kage

2012/10/04 (Thu)

またキャリアメールからの架空請求です。

kt○○○○@docomo.ne.jp
○○○○はランダムな数字のようです。

【 KTリサーチ㈱ 】
《TEL:03-6386-9569》
【管理番号:第323号】
担当の
梶山 秀人
と申します。

この度、お客様の携帯電話が迷惑メール拒否設定になっている為、サイト運営会社の請求通知等のメールが届かなく、御連絡がとれないという事で調査依頼が御座いました。

携帯電話の接続記録により、【有料総合サイト】の無料期間中での登録があり(着メロ・天気・交通情報・ニュース・占い・アプリ・動画・出会い等)、退会処理が行われてない為、月額料金が長期滞納になってしまっていたとの事です。

今後は、個体識別番号などから身元情報開示の上、損害賠償等を求める民事裁判(少額訴訟)の手続きを行うとのことです。

サイト運営会社が登録の接続記録という証拠を提出した上での裁判であるため、誤っての登録であっても支払い判決が下される恐れがあります。

裁判差し止めを、ご希望されるお考えが御座いましたら、本日中に必ず担当までご連絡下さい。

KTリサーチ㈱
TEL: 03-6386-9569
担当:梶山 秀人
管理番号:第323号
受付時間
平日 9時~18時
土曜、日曜、 祝日は休日となります。
※メールでの返答には対応できませんので、ご了承下さい。



電話番号検索を見てみると2012年10月から配信開始されている印象。

多くは語る必要ないでしょう。

架空請求メール

脅迫メール


詐欺メール

ですので、折り返し電話するのは止めましょう。

携帯やスマートフォンを持っていれば、誰でも経験がありそうなサービス利用
を抽象的に有料総合サイトとして自責の念を突っつく悪徳手法です。

もしかしたら、あのサイト無料期間で解約していなかったから、
こんなメールが来てしまったのでは!?

と誤認させます。

そして、最後に、脅迫的に、民事裁判(少額訴訟)を行うとか、
接続記録を証拠に支払い判決が下されるとか記述してます。

怖くなった方は、書いてあることを鵜呑みにして、裁判差し止めを
してもらうため電話をしてしまうというからくり。

これ以上進んでも、依然として支払う必要はありませんが、
こちらから個人情報を教えたり、携帯番号がわかってしまうと
面倒になるので、無視を通して下さい。

最近では、振り込みさせる前に本人確認と称してこちらの
個人情報を聞き出す悪質業者が横行してます。

仮に連絡先を教えてしまった場合は、警察や国民生活センターに
併せて相談したり、かかってきた電話を記録したり等、情報の
収集に尽力しておくと話がスムーズになります。

警察によっては、杜撰な対応をする人も居ますし、
むしろ電話をかけた貴方が悪いとか言い出す輩もいます。

1番良くないことは廻りに隠して、お金を支払い解決しようとすることです。

自分が子どもで親がいれば、怒られるかもしれないが相談して下さい。
きっと警察よりは力になってくれます。そして親も必死になって解決方法を
探してくれるでしょう。


固定電話や携帯電話の通話録音に レコーディング(録音)アダプター スカイニー製 NT-K5(Lau...

出会い系やコミュニティサイトを経由しての児童への犯罪被害は 低下

kage

2012/10/04 (Thu)

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/09/14/031/index.html


出会い系やコミュニティサイトを経由しての児童への犯罪被害は
低下しているようです。

警察の努力もあるかもしれませんが、児童の親御さんも
いいかげん周知して対策を講じているとも考えられるのでは
ないでしょうか。

ただ、本質的な問題は解決していない点は深刻です。

出会い系のみならず、競馬、パチンコ、投資、ロト6、ドロップシッピング
等々の攻略を称した詐欺などあらゆる詐欺の被害額は増加傾向なのです。

悪徳詐欺業者は、ネズミ講のように、のれん分けして増殖傾向。
しかし、実際逮捕される業者はごくわずかで氷山の一角にすぎません。

手口は日に日に巧妙化しており、1度の対策で万全と腰を下ろすのは
危険で有ると思います。自分のみならず、お子様を育てている親御さんは
積極的に新しい詐欺の手口と対策方法の情報収集を努め、火の粉がかからない
ような環境構築もしくは改善策を練ってあげるべきでしょう。