FC2ブログ
Loading...
2015 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 09

【架空請求メール】電子消費者保護局は存在しない団体です。何から何まで嘘八百の架空請求メール

kage

2015/08/22 (Sat)

裁判系の架空請求の続き。
架空請求にありがちなパターンですが、一般庶民からすると
法律的なことを言われるとびびってしまうことが多いのも現実。

悪い事をしていないのに、悪いことをしてしまった罪悪感を
植え付けられる常套句でもあります。

もっともそうな言葉を連ねていますが、処分方法は脅迫のために
比較的具体的な内容です。

差し押さえするだとか。

ですが、一体何の料金なのか。分かりませんよね。
そういう所が漠然としているのが下衆な架空請求です。

以下、運営元からの連絡をそのままお伝えいたします。
『貴方の弊社で利用された利用料の滞納金について、再三にわたり、催促および、催告をしてまいりました。

しかし、いままでに誠意のある回答がなく、はなはだ遺憾にたえません。
つきましては、これ以上猶予いたしかねますので弊社が依頼している滞納金免除の代行会社の手続きを完了してください。

手続きは本日中に完了してください。 期日までに手続きの確認が取れない場合は、貴方みずから最後の機会を放棄したものとして財産
(不動産、動産、電話加入権、給料、貯金その他)の差押の執行になりますのであらかじめお知らせいたします。』 とのことです。

本通知確認後30分以内に連絡がいただけなかった場合、運営元は手続きの意思がないとご一報を頂きたいとの事です。
弊社も運営元から依頼になりますので、こちらの件に関しましては報告をせざるを得ませんので、ご理解ください。

どういった事情がおありなのかわかりませんが何かしら連絡をいただけませんと弊社としてもどうすることもできません。
このままですと、ご身内の方などや職場にまで連絡が入る可能性も御座います。 ご相談にはのりますので至急ご連絡を頂ければと思います。



本通知は配信専用の為、直接返信することはできません。
電子消費者保護局に連絡する際は、下記URLよりお送りください。
http://yasuzone17.click/************************

電子消費者保護局サービスメンテナンスのお知らせ

作業予定 毎週土曜日23:00~翌日8:00
     毎週日曜日23:00~翌日7:00

(上記時間帯にて最大で15分のサービスの中断が発生する可能性あり)

対 象 :閲覧含むサービス全般
現 象 :利用不可(停止時間内の一部時間帯のみ)


fc2blog_2015062110110154b.jpg

電子消費者保護局ついて



 国内外の大手上場企業(中小企業含む)や各府省などから依頼をされ代金回収等の手続きを一括請負
しております。また、それに伴う未払いの滞納金等の回収をしております。

電子商取引で発生する金銭に関わるトラブル、それに伴う手間やコスト、更に未回収のリスクまでを考えると簡単に自社で一元管理する事は難しいです。

 そこで電子消費者保護局は、BtoBやBtoCなどの取引時に間に入り、与信管理から代金回収業務などの手続きの業務を代行し、トラブル等のリスクを最小限に抑えます。
特にそれぞれの関係等がをしっかりと考え、例えトラブルに発展している状況でも円満に解決するようにするのが弊社の役目です。










-電子消費者保護局が解決出来る事-




-電子消費者保護局を導入するまでの流れ-




 弊社ではお手続きを円滑に進行させるために、お客様に対しそれぞれ固有のアカウントを発行します。
セキュリティがかかっているサイト内にて、それぞれのご案内をさせて頂くことで、第三者による情報の閲覧等が行われないよう管理しております。





電子商取引などのトラブルの解決やご相談は以下の窓口より、直接連絡することが可能となっております。









 お客様の事案に関しては下記の紛争事案についてより確認することが可能となっております。

お客様の紛争事案について


ご不明な点等がございましたら、下記お問い合わせまでご連絡下さい。



電子消費者保護局を名乗り、手続きを代行するという詐欺行為。

最初に提示された架空請求の額をディスカウントした金額で
折り合いを付けようという手口ですので、心を緩めて依存しないようにしましょう。