Loading...
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

【多重債務者必見】ヤミ金に手をだすまえに必ず試したい、手をだした後でも試したい2つのヒント。

kage

2015/10/11 (Sun)

「多重債務者」そんな言葉を聞くだけで、何か重苦しい物を感じてしまいます。

借金といっても色々です。一般的には目的ローンとよばれるものから
フリーローンと呼ばれるものにジャンル分けできるのでは無いでしょうか?

「借金=悪いこと」

みたいな感覚がある人もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

ビジネスにおいては、借り入れして資金繰りを回している企業が殆どです。
それは、会社という法人だからそうでしょ!?と思うかもしれませんが、根本的に
個人も法人も、たいしてかわりません。勘定項目は変わりますが、法人は利益追求
と言う目的がありますが、個人は生活をするという目的があり、内容は当然異なります。

しかし、あるお金でどう資金繰りを立てるか?そして足りないときに
どう資金をまかなうのか?そういった部分は何ら変わらないのです。

cf56b5d395607c64eb6f46220f340095_s.jpg


そもそも、借金が悪いというわけではありません。
むしろ、目的が決まっているような個人ローンは、人生の中では必要になってくる
ということの方が多いからです。
・住宅ローン(住宅や土地を購入するため)
・カーローン(車を購入するため)
・教育ローン(子どもの学費をまかなうため)
・リフォームローン(リフォームの資金をまかなうため)


結婚して、子どもが出来てという家庭ですと現預金がなければ、
必ずこういうことを検討しなくてはいけないときが来ます。

これは、決して悪いことではありません。むしろ自然ですね。


頂けないのは、フリーローンなどの、目的ローンでないもの。
昔から深夜のCMには消費者ローンがわんさかありました。
今は、消費者金融業者は、大手の銀行傘下に吸収され
イメージがさらに良い物となっています。

「足りないときは気軽に借りちゃおうよ!」的なメッセージに
麻痺している人間が多いのか、平気で生活費に充当している
という生活を行っているのです。

多重債務者となり得る人へのヒントその1は、
「資金繰りを精査すること」簡単に言えば、自分の1ヶ月、1日でもいいので。
今日何にいくら使ったのか、いくら収入があったのか「収支をしる」ことは
絶対的に必要なことです。

a474f47daee028708c97fab0a553eeda_s.jpg


「そんなことができたら、多重債務者になんかなっていないよ」という声が
聞こえてきそうです。その通りですね。
多重債務者の人は、いまさら自分だけで資金繰りをたててうまくいくなんて
そんなうまい話は世の中にありません。

そこでヒント2としては、法律事務所へ相談すると言うことです。
理屈でいいくるめられそうで敷居が高く感じられるかもしれませんが、
自分でできないなら、誰かにサポートしてもらうしか無いでしょう。

自分の両親、知り合い、恋人、友人に相談できないから、
そこまで借金が膨らんでしまっているわけで、専門家のサポート無く
解決なんか出来ないのです。

仮に、親が、恋人がその多重債務分を立て替えてくれたとしたら、
それは、全く解決になりません。人がやってくれたからラッキーぐらいにしか
思わず、そのタイプはまたほとぼりが冷めた頃に借金をし始めます。

昔と異なり、今は無料電話やメールでも相談が出来る時代ですので、
わざわざ法律事務所へ行かなくても相談が出来るという世の中なのです。





それでも、やはり気が進まない人はどうすれば良いでしょう。
自分の名前が漏洩する心配があるからいやなのであれば、
匿名で相談が出来るという法律事務所もあるのはご存じでしょうか。

債務整理や任意整理の相談はおしなり法律事務所


多重債務問題を解決していくために,必要なことは
「自分自身で自分の債務がどうなっているのかを仕分けする」ことから
始まります。これを親や恋人、親友を当てにしているうちは自分のことで
ありながら、解決は人ごとになっています。

まずは、現状を認知して、間違っても借金の返済を借金でまかなうという
本末転倒な資金繰りに陥らないよう、資金繰りの立て方を学ぶ必要があります。

自分の収入の範囲で生きていくことが大大前提なのです。

目的意識の無いフリーローンの利用、返済期日を自分で明確に出来ない
フリーローンの利用は自粛して、健全な生活に戻していきたいですね。

実録 パパは多重債務者(サイマー)!




コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック