Loading...
2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

架空請求詐欺の中で、動画配信大手「DMM.com」(東京)をかたるケース多発

kage

2016/09/19 (Mon)

県警生活安全企画課は16日、今年県内で発生した架空請求詐欺の中で、動画配信大手「DMM.com」(東京)をかたるケースが目立っているとして注意を呼び掛けた。いずれもメールで有料動画の料金名目で金を請求する手口。同課は「大手で有名な会社なので信じてしまう危険性が高い」としている。

 架空請求詐欺は特殊詐欺の手口の一種。同課によると今月15日までに認知した被害42件のうち7件で同社の名前が使われていた。7件の被害総額は約290万円。

引用元:信毎ウェブ







DMMって随分知名度上がったってことですね。
40前後のひとからするとこの会社って実際AV販売業みたいないかがわしい会社と
しか見ていませんでしたが、クリーンな会社になってものですね。

GMOなんかも同じような感じですが、もとはダイヤルQ2ですからね。
アダルト色が大きい業種がココまでの成長をすることは誰も予想できなかったでしょう。

そんな絶好調な状況を架空請求業者が名前をかたって架空請求をしているようです。

まあいまや、上場しているPCデポみたいな会社でも平気でひどいことしますから、
規模の大きさが安心とはなかなか言えませんね。



詐欺とか架空請求とかは当然、信用度が低い会社や人間ですと
リスクが急上昇しますが、信用が高い会社や人間だから盲信して
チェックをしないと言うことはまた別の話だと思います。

確率で言えば、たとえば上場企業や、社会的な地位を確立しているような
人間は信用性は高いと思います。しかし、だからといって詐欺架空請求まで
はいかないまでも、こちらが納得するような常識的な行動や発言をするかは
わかりません。

抑えるべきは相手の企業規模や信用力ばかりでなく、
登録や契約ごとであれば、解約する場合の注意点はしっておきたいところです。

入口は大きくても出口が狭いと言うことはよくありがちな面です。
詐欺とまでは言いにくいですが、ヤフーでさえ、Yahoo!プレミアムの
解約の場所が凄くわかりにくい場所にありますし^^

ですから、いいはなしがあったとしても、入口だけでなく出口までしっかり
把握するという癖がつけば騙されてしまう機会もグッと減ることでしょう。


図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?










▼成功する自己破産


24時間メール相談可
来所不要で相談OK


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック