Loading...
2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

【福岡市】障害者支援ビジネスや貧困ビジネスの闇は深い。

kage

2016/12/29 (Thu)

 福岡市は27日、障害者に就労支援などを提供している市内の計10事業所が、架空請求や水増し請求の手口で給付金計1億1530万円を不正受給していたと発表した。うち9事業所について、障害者総合支援法に基づく指定を取り消した。就労に向け、障害者のサービス利用計画を作る「特定相談支援事業所ことのは」(福岡市博多区)の関係者ら男2人が不正受給の主導役とみている。被害は北九州市、佐賀県江北町などでも確認され、総額は1億6375万円に上る。

引用元:西日本新聞



4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s.jpg


この手の事業者は表向きは社会に適合しているかのように装っていますが、
本当に社会悪ってやつですね。むずかしいのが審査をどんなに厳しくしようが、
まったくなくすことができない問題でもあると思います。

入り口の段階である程度精査すると言うことは大切ですが、悪質な業者も
すきまをぬって通そうとするのでいたちごっこになるでしょう。

集めた税金の行く先がうだつのあがらない議員の報酬になったり、
使途不明な不正の温床へ流れたりするのですから国民の不信感は募るばかりですね。

今で裏社会では存在するのかも知れませんが、貧困ビジネスという
ものもはやったことがあります。

ホームレスなどをかき集め施設にいれて、生活保護費を搾取するという
ものですが、とても日本で起きていると実感できる人は少ないのかも知れません。

これだけの業者がいるのだから全国的に同じような業者はたくさんあると
考えたほうが自然です。これはゆゆしき状況です。

社会は弱者を強者が助けるという仕組みでないといけません。
動物や自然界のように弱肉強食で人間が生活を営もうとすれば
そこにはかならず、戦争ということが絡んできます。

弱者を利用して強者がはびこる世の中は支配と強欲という
ものが渦巻いているのでひとのこころもすさんできます。

頭がいい人達がルールを作っているのにこんなことばかりでは
いくら財源があったとしてもどうにもならないのでしっかりして欲しいですね。

図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?










▼成功する自己破産


24時間メール相談可
来所不要で相談OK

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック