Loading...
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

請求金額【74,500円】仮差押手続き告知(重度違反への指定)

kage

2017/04/11 (Tue)

タイトル:仮差押手続き告知(重度違反への指定)
配信元:icmsa300401.i.softbank.jp ([101.110.8.80])

当職らは貴殿の登録情報のある情報サイトにおいて利用料金の未納が続いた為、提携信用情報機関により回収の任を承った。

これは既に同通知を送付したにも関わらず、何らかの原因により手続き完了前に音信が途絶えた利用者への再通知となる。

▼***********@docomo.ne.jpの悪質性/猶予判断の可否

音信不通となった原因や理由の如何に関わらず、貴殿は現在所定の手続きに関し、対応責任を放棄し、逃亡あるいは放置を行い、債務の執行を免れるために財産を隠匿しようと企図しているようであると判断される。
貴殿の初回申請時に端末追跡フォームを埋め込んでおり、調査の結果その後もネット利用を続けていることからも極めて悪質性の高い利用者であるとの結論に至る。

《通知理由》
登録状態にあったWEBコンテンツにおいて利用意思が無くなった際に「自身のアドレスを記載して解約希望」と申請せずに放置した事による料金

▼未払い記録情報
請求金額【74*,500円】
(滞納管理費等の支払いを求めることができる運営会社が現在請求権を持っております。
※民事訴訟法110条)

上記、お支払いが困難な場合、下記を閲覧後、救済措置による合意契約解除の手続き行って下さい。

当事件および本状は、貴殿がWEBコンテンツ(アプリ等含む)にで登録状態にあった際に、会員規約にて利用の意思が無くなった場合に自身の登録アドレスを添えて退会番組申請を行わなければ延滞金が発生する内容が記載されていたにも関わらず、貴殿がメールアドレスを提示せず放置した事により発生した延滞金の督促請求と致します。

本通達より24時間以内にご連絡をいただけない場合、アクセス情報をプロバイダに提出し、メールアドレス・プロバイダの契約情報を追跡し、身元調査を行い、顧問弁護士による少額起訴制度を利用した請求を行います。

▼合意契約解除の手続きについて▼
但し、継続利用の意志がない場合、合意契約解除申請を行うことで、上記記載支払いを免除とすることが可能となります。
契約解除申請を行うことで、該当コンテンツの解約処理手続きを行うことができ、未払いによる滞納金【74*,500円】が、全額免除になります。

■合意契約解除(和解手続き)申請方法■
本通知の本文に[合意契約解除]と記載してこのメールに直接ご返信下さい。
※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。

解約手続きの履行により、貴殿とサービス提供元との間に何らの債権債務のないものとする。
また、再度の請求等および個人情報の公開措置等は行わないものとする。

但し、指定期限内に契約解除を行わない場合は、債務者である貴殿に対しこのまま民事訴訟へと移行させて頂きます。
また、滞納者として信用情報機関へ登録し、債権債務が解消されるまでの期間、電気-ガス-水道を停止させて頂きます。
給与所得者の場合や、銀行口座に個人資産がある場合、給料差押え等の法的措置を先に行います。
逃亡の恐れがある場合は、親類縁者、実家、勤務先等関係先への連絡、および書面通達を積極的に行います。

以上、速やかな問題解決の意思がある場合は上記を熟読後、和解の申請をお願い致します。

草々


迷惑メールロゴ

最近の迷惑メールでは珍しいURLが貼ってないタイプの架空請求です。
むかしながらといえばむかしながらのスタンダードな架空請求

簡素なHPに誘導してそこでメッセージのやりとりをしてという流れが多い中、
このケースはこちらからのメールの返答を待つというのがスタイルでしょう。

強制力がありそうな文言をならべて受信者がビビってしまうことを目論んでいます。
その結果、8万円近くも払えない!解決してくれるならと連絡を取ってしまう人も多いようです。

この際に提示される金額はさまざまでしょうが、相場的には5000円~10000円程度のことが多いです。
解決するための金額があまりにも高すぎた場合は乗ってこないこともあるので、
だれでもなんとかなるような金額を提示してくるようですね。

一攫千金というよりも小口分散した回収方法になります。

もちろん請求自体が何のサイトの情報量だかわかりませんし、
冷静に読めばあきらかに架空請求だとわかるでしょう。

思った以上に心理的な作用が含まれているので簡単にだまされてしまう人がいても
そんなにおかしいことではありません。

だまされた人も被害者ですからつらいでしょうが、個人の損失という狭い範囲
だけでなくその資金が裏社会にまわり暴力団資金やアウトローな事に使われて
いることも考えられます。社会的に見れば裏社会へ献金しているようなものです。

大きな視野で物事をみていくとやはりだまされる側も注意や知識は必要です。
なんとか架空請求に引っかかる人が減れば良いのですが……。

図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?



2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック