Loading...
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

【6号機・パチスロ業界】パチンコパチスロ業界は法改正で終了か?!いやいやなくならないし、ギャンブル依存症対策にもならない!

kage

2017/09/24 (Sun)

 新ルールではパチンコの標準的な遊技時間を4時間と想定。時間内の出玉が5万円分(1球4円換算)を下回るよう上限を定めた。従来の基準の約3分の2にあたる。

 パチンコ店は現行の基準で警察の認定を受けた機器を最大3年間、設置することができるが、2021年までに新ルールに基づいた機器に入れ替えなければならない。

引用元:日本経済新聞





パチンコスロットファンには阿鼻叫喚といったところでしょうか。
スロットは6号機へとむかっています。

風営法が改正されるたびにこの数字が変わるわけで、
全盛期は4号機時代ですかね。

社会問題にもなったミリオンゴッドは有名です。
この機種でギャンブル依存症となり借金地獄へ陥った人もすくなくありません。



5号機になった当初は射幸性がかなり抑えられ、
いわゆるストックがなくなり小役重複当選の時代になります。


出玉はかなり抑えた機種が多く大勝ちができなくなりました。


※個人的にはアクアビーナスが好きでしたよ^^

しかし結局は法の穴を利用してパチンコパチスロメーカーも機種開発をすすめます。

その結果が現在のハーデスなどてすね。

要はいたちごっこなんですよね。

端的に言えばパチンコパチスロなんていらなくね?
という話なのですがルール変更でのらりくらりは通常運転です。

ギャンブル依存症の一環ではあるのでしょうが、これて依存性が改善するなら苦労しませんよ。

そもそも三店方式自体がグレーなのに規制をかける時点で警察が認めていることになるでしょう。

3tennhousiki.png
出典先:http://usami-noriya.blog.jp/archives/2245724.html

もちろんやめる人は出てくるでしょうが、依存性の人は関係ありません。

実際困るのはセミプロやプロとして立ち回っている人たちとホール側でしょうね。

単にパチスロやパチンコを楽しむだけならゲームセンターで十分です。でもホールへ行くのはやはりあわよくば現金に換金できるからでしょう。

本当に依存性対策するなら現金に換金できなくするか、パチンコパチスロをこんぜつするしかありません。

なんだかんだでパチスロやパチンコがなくなることはないでしょう。新法律施行でもその穴を見つけて新機種を投入してきます。

花浪漫
※いまやつぶれてしまったメーカータイヨーの爆裂4号機花浪漫

しばらくは業界は下火になるでしょうが、今までと同じ流れでしょう。爆裂と言われた4号機時代でも改正当初は全然爆裂しません。

パチンコは3回権利モノやアレパチのエキサイト、2回継続の確変など射幸性がたかかったです。ニューパルサーとか人気はありましたがバカみたいにはでませんでした。

だから6号機へ移っても鎮火するのは当初だけで、数年でまたゲーム性を変えて出玉を伸ばす方法が模索されるでしょう。


図解・なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?




2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック