FC2ブログ
Loading...
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

法テラス(日本司法支援センター)をかたった架空請求増加中。

kage

2010/05/29 (Sat)

【「法テラス」かたった架空請求相次ぐ】

日本司法支援センター(法テラス)は28日、実在しない「法テラス消費者相談室」の名前をかたって、弁護士委任費用として現金を郵送するよう求める架空請求の電話が2件あったと発表した。現在のところ被害は確認されていないが、法テラスでは「詐欺の可能性が高く、必ず事実関係を確認してほしい」と注意を呼びかけている。

 法テラスによると、相談はいずれも今月26日に寄せられた。岐阜県在住の女性に電話があったのは19日。「経済産業省の消費者相談室のウメダ」と名乗る男から、「以前購入した商品の販売業者が逮捕されたので、代金が返金される。そのために、法テラスに弁護士委任費用を支払う必要がある」として、指定住所に約56万9千円を郵送するよう指示された。
産経新聞 2010/05/28 18:46 イザより一部引用


ていうか法テラスって何?という方も多いのではないでしょうか。
私も何となくCMで耳にしていましたが、内容は細かく調べていないので
いい機会ですので、軽く掘り下げてみます。

【法テラス(日本司法支援センター)】
日本司法支援センター(にほんしほうしえん - )は、総合法律支援法に基づく法人。

日本中で法的トラブル解決のための情報・サービスを受けられる社会を目指し設立された機関である。愛称は法テラスで、「法で社会を明るく照らす」「陽当たりの良いテラスのように皆様が安心できる場所にする」という思いを込める。

目的

法テラスは、総合法律支援法(平成16年6月2日公布)に基づき、独立行政法人の枠組みに従って設立された法人で、総合法律支援に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的としています。(総合法律支援法 第14条)

法テラス(日本司法支援センター)のHP

子供向けの説明ページ


なるほど、ほぼ独立行政法人と変わらないということですね。
独立行政法人というと、どうしても昨今の仕分けで叩き斬られた
無駄遣いする悪徳法人を思い浮かべてしまいます^^

法テラスもご多分に漏れず天下りは結構いるみたいです。
ただし、無料で気軽に法律的な話を相談できる機関ですから、
我々が利用しない手はないのです。

問題なのは、やはり我々が法テラスに関して無知であること
そして、国民が安心して生活するために設けられているにも
関わらず、認知度が低いということ。

 まあ、担当によってはやる気なさそうなヤーツもいるんでしょうけど、
それは、どこでも一緒ですね。警察だろうが、消費生活センターだろうが、
民間会社だろうが・・・。その時は運が悪かったと思って再度電話ですね。



【法テラス(日本司法支援センター)はどんな時電話するの?】

法的トラブルに巻き込まれてお困りの時は,迷わず法テラスにお電話ください。また,法的トラブルかどうかわからない方も,お気軽にお問い合わせください。
法テラスの専門オペレーターが,お問い合わせ内容に応じて,法制度や相談機関・団体等を紹介します。

法的トラブル⇒電話番号:0570-078374
(PHS・IP電話からは03-6745-5600)

犯罪被害⇒電話番号:0570-079714
(PHS・IP電話からは03-6745-5601)

受付日時
平日の9:00~21:00、
土曜日の9:00から17:00

(日曜祝祭日・年末年始休業)

料金
利用料:0円


通話料:自己負担


通話料こそフリーダイヤルではないので自己負担ですが、
利用料無料で、話を聞いてくれるのは悪いことではないですね。

しかも、受付時間が平日は朝9時~夜9時まで。だけでなく!
土曜日の朝9時~夕方5時まで受け付けているのは素晴らしい!

迷惑メールや架空請求詐欺、ワンクリック詐欺などの相談
もちろん構わないでしょうし、それ以外にも法律的な話など
相談できる内容が幅広いことも良い事
だと思います。

 知っている方も、知らなかった方も何かあったときは、
先ず落ち着いて、誰かに相談することが解決に繋がります。


その内の1つの相談先としてこういう国がやっている法人が
あるということを頭の片隅に置いてもらえると、被害者も
減ってくるのではないかと思います。

間違っても、その法テラスをかたった架空請求には
やられないようにしましょう(*^-^)ゞ♪


法テラス(日本司法支援センター)のHP

子供向けの説明ページ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック