Loading...
2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2037 06

年末年始の詐欺横行。「美味い話はありません」ボーナスは浮かれず、家族のためか貯金へ。

kage

2013/12/13 (Fri)

かなり偏ったタイトルをつけてしまいました。

あくまで、ボーナスの運用方法を強制するものではなく、
詐欺に気をつけましょうという警鐘ととらえてください。

実体経済の伸びはともかく、今月、公務員や一部民間企業で
ボーナス支給がありました。

しかし、支給されていない裾野の中小零細企業の方が
多いことは言うまでもありません。

このご時世ですと、いきなり貯蓄に回すというのは
難しい家庭が多いのではないでしょうか。

・住宅ローンの繰り上げ返済をしたい。
・教育ローンの繰り上げ返済をしたい。
・カーローンの繰り上げ返済をしたい。
・消費者金融の繰り上げ返済をしたい。
・生活費の赤字部分を補填したい。


などなど、生活に直結した負の資産の整理に
充当したいと考える方も多いと思います。

ここら辺は考え方次第だと思いますので、個人差があります。

低金利だからこそ、繰り上げ返済せず余剰資金は別で運用したい。

という人もいれば、

借金は少しでも早く完済したい。

千差万別です。

負の資産以外で、考えられることは、

・将来年金に頼れないから、自分で運用したい。
・個人年金保険を検討している。
・NISAの開始に伴い、ETF、投資信託、株式投資を考えている。


など、将来への不安からくる投資意欲です。



主にこのような投資意欲が、詐欺業者の格好な餌食になることが多いのです。

テレビのニュースを見ていると、客観的にはなぜこんな話に
「こいつ馬鹿だな。なぜ、だまされたんだろう?」
「だまされたやつが悪いわ!」
「絶対俺(私)ならだまされないけど」


という風に思ってしまう人も多いと思います。

こういう人たちは、日頃はもちろん警戒心は人一倍持っていますが、
1度納得してしまうと、疑うことを忘れてのめり込んでしまうことが
多いのも事実です。

しかし、悪いのは間違いなく「騙す方です」

街の法律家が教える 買ってはいけない情報商材

暮れにかけて、不審な電話や訪問、ダイレクトメール等々あると思いますが、
1番大切なことは、周りの人に助けを求めることです。

自分の家族に言えないような人は、無理に話す必要はありません。

国民生活センターのホットラインでも構いませんし、ネット上で
不安な気持ちを投稿して意見をもらうという現在だからこそできる
解決方法もあると思います。

すぐに解決策が見えなくとも、第三者に聞いてもらい意見をもらうこと
によって、自分自身に冷静さを取り戻すこともできます。

詐欺業者は必ず、期限をつけて搾取を狙い、即断を求めます。

「年内に手続きしないとまずい」
「3日以内に決済しないと権利が失われる」
「7日以内に連絡しないと訴訟を起こす」


などなど、期限をつけて焦らせることも特徴です。

その点だけ注意すれば、騙されて詐欺に遭い大切な資産を搾取
されるということから未然に防ぐことができるでしょう。


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック