Loading...
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

老若男女、詐欺被害衰えず、一番被害率が低そうな30代男性も被害に遭ってます。

kage

2014/07/09 (Wed)

会津若松署会津美里分庁舎は7日、会津美里町内の男性(34)が有料サイト利用名目の架空請求詐欺で226万円をだまし取られたと発表した。
同分庁舎によると、男性の携帯電話に6月中旬、「総合情報サイトの登録延滞料金が発生している。
支払わなければ法的措置をとる」とメールがあった。
男性がメールに記された番号に電話をかけたところ、社員を名乗る男性から「退会するためには延滞料金を支払ってほしい」と求められた。
このため、男性は7月3日までの間、レターパックなどで数回、指定された場所に現金を郵送したという。
送り先は東京都内や埼玉県内などだった。
男性は、現金郵送後にもメールが届いたことから、7日になって同分庁舎に相談した。
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201407086



まあ、まじめな性格の方なのでしょうし、だました方が悪いのは言うまでもないのですが、
10代、20代前半よりは、30代は判断力も正常で、様々な情報にも敏感という勝手なイメージが
あるからかもしれませんが、非常に残念な気持ちになります。

この福島での出会い系詐欺でも、レターパックが使われているようです。

しかも数回分けて現金を同封して郵送したらしいと言うから驚き。

その時点では、冷静に物事を判断する状態ではなかったと言うことでしょうね。

督促メールが来なくなって欲しい一心で冷静さを欠き支払ってしまったのでしょうが、
226万円は決して少ない金額ではありません。

相談できないときは、パソコンで検索してみるだけでも被害は防げるので、
おっくうがらないで、怪しいメールはドメインや文章の内容の一部を検索してみましょう。

同じようなメールが来ている人の記事なり、注意勧告なりなにか引っかかると思いますので。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック