Loading...
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

「LINE PLAY合同会社」からの架空請求に消費者庁が注意喚起

kage

2015/06/17 (Wed)

「LINE PLAY合同会社」からの架空請求に消費者庁が注意喚起

消費者庁はこのほど、「LINE PLAY合同会社」からの架空請求メールに注意を呼び掛けた。身に覚えのない「催告状」を消費者に送りつけ、有料情報サイトの利用料や退会料を送金させる被害が報告されているという。コミュニケーションアプリ「LINE」や「LINE PLAY」を運営するLINE株式会社とは無関係。混同しないよう呼び掛けている。

 「LINE PLAY合同会社」は、「指定期日までに有料情報サイトの未納料金を支払い、退会手続きを行わない場合は、複数の弁護士が訴訟を起こし、財産を差し押さえる」などと記載した身に覚えのない「催告状」を電子メールで送りつけ、不安に思った人が同社に問い合わせると、退会料を送金するよう指示。指定された通りに送金しても「退会できなかった」とし、さらに送金を求める――という被害が報告されているという。





消費者庁の注意勧告PDF

人間錯覚というのは怖い物です。
毎日Lineを使っている人はこういうものに簡単に
流されて騙されてしまうと言うのが詐欺ってやつです。

そのぐらい私たちは、普段文章などを断片的にしか
みていないということです。

罪悪感を持ちやすい人ほど、はまる傾向にあります。

消費者庁が注意喚起するぐらいですから、すでに被害の人は
結構出ているのだと思います。

行政処分を下したところでこういう業者は、痛くもかゆくもありません。
また新しい母体を作るだけですから。それゆえ、撲滅なんて正義を
謳っていること自体がナンセンスなのかもしれません。

ただ、撲滅は出来ないにしても、周知や拡散はできますので、
常にこういった情報と密接にしておくと言うことも大切では
無いかと思います。


【ロジテックの真面目なモバイルバッテリー】

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック